WBCキューバ代表・セペダは今も巨人・坂本勇人のバットを使い続ける

news1377801.jpg

1: 2017/03/18(土) 13:16:51.10 ID:EkdBvAo/0
6日、東京ドームで開催された公式練習の取材に行ってきた。
三塁側ベンチ前で「ヘイ、アミーゴ!!」と笑顔で語りかけてきたのは、2015年まで巨人に所属していたフレデリク・セペダ外野手(36)だった。

14年から巨人で2シーズンを過ごしたセペダは15年限りで退団。
古傷の右肘側幅靱帯(じんたい)の再建術(通称トミー・ジョン手術)を受け、現在は母国のサンクティスピリテゥスでプレーしている。
今も巨人時代のミズノ製打撃用レガーズを愛用し、「最高の友達だ」という坂本勇にもらったマスコットバットは松ヤニで真っ黒に汚れても使い続けている。

キューバ政府が海外移籍を正式に容認した第1号選手。日本とキューバ野球の架け橋となった。
巨人で結果を残すことはできなかったが、2軍に落ちても、ひたむきに練習を続ける姿は若手の手本となっていた。

14年オフ、同じくキューバ出身のアンダーソンとともに巨人選手が使い古した野球道具をコンテナいっぱいに詰め込み、物資が不足している母国の後輩や少年たちに配ってまわった。
昨年、巨人に所属したキューバ選手が相次いで帰国途中に亡命したが、セペダのことを悪くいうチーム関係者に会ったことはない。

「去年は何位だったんだ? 2位? 巨人は優勝しなければいけないチームだから、みんな悲しんだろうね。
大田がファイターズにトレードされたらしいな。早坂さんは元気かい?」。お世話になったスペイン語通訳の近況まで心配していた。

顔を合わせると、いつも家族の話になる。「君の家族はどうしているんだい? みんな健康にしているか」と心配してくれる。
セペダにとって、今、最もうれしいニュースは8歳になった長男、フレデリク・ジュニアくんが野球を始めたことだという。
「最近、始めたんだ。いい選手になってくれたら、それはうれしいけど、今はとにかく野球を好きになってもらいたいんだ」とうれしそうに話していた。

「肘はよくなったけど、今回は守ることがないかもしれないね。でも、打つ方はベストを尽くすよ」と4大会連続出場のWBCに意気込むセペダ。
アマ球界の最強王者と恐れられたキューバと侍ジャパンの手に汗握る熱戦をスタンドで目に焼き付けるつもりだ。(桜木理)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170307-00000516-sanspo-base

no title

no title

no title

no title

no title

2: 2017/03/18(土) 13:17:20.08 ID:JzDxbJlH0
たまげたなあ

3: 2017/03/18(土) 13:17:47.96 ID:HkAdR37La
ちょうど衰えてなければな…

4: 2017/03/18(土) 13:18:46.44 ID:3uryBmbE0
相変わらず出塁率は高くて草生える

5: 2017/03/18(土) 13:18:46.74 ID:qpJF3BmL0
それに比べて小林ときたら井端のバット折っちゃうんだよなあ
はあつっかえ

この記事へのコメント